容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ウィンドウズセブンの不具合

  1. 2010/02/19(金) 14:10:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
2009年、注目のオペレーションシステムである、ウィンドウズセブンが一般リリースされました。

ウィンドウズセブンはスペックが低いパソコンであっても、動きが円滑だというようなことでよいような人気を得ています。

ですが、一方、不具合も報告されています。

リリース後、一ヶ月も経たない間、次から次へといくつかの不具合が出てきたようです。

リリース元であるMicrosoft社、もしくはパソコンメーカーから、実際、報告が上がっています。

活用者にとって、一番怖い不具合である、データが全部まったく消えてしまうと言ったかもしれないのですというようなことです。

ハードディスクのデータが全部、実際に消滅してしまうというようなことは、もっとも困るようなことです。

これから、ウィンドウズセブンへ乗り換えようと思っている方に関しては、事前にハードディスクの中をきちんとバックアップするなどの措置が必須です。

これに限らず、データのバックアップに関しては保険をかける意味で、普段から、やっておくとよいんですが、これがなかなかできないもんです。

ある日、突然、データがとんでしまい、困る感じのこともないとはまったく言い切れません。

では、ウィンドウズセブンではどんな、不具合が発生しているのでしょうか?
お使いのパソコンによって、起こってくる不具合は違うので、メーカーのサイトできちんと情報を得るべきでしょう。

例としては、パソコンメーカーである感じのパナソニックです。

Windowsビスタが入っているノートパソコンで、「Let's・note」というようなシリーズがあります。

これをお使いの方がウィンドウズセブンにアップグレードするのですと、ブルースクリーンが表示され、実際にエラーとなります。

パナソニックのLet's・noteシリーズでは、ウィンドウズセブンをインストールができきないという不具合があります。

このウィンドウズセブンがインストールできない問題は、発生する機種が決まっています。

性能をアップするモジュールである感じの「Intel・Turbo・Memory」が装着してあるケースに発生するのです。

これは「マイレッツ倶楽部」向けの感じの機種だそうです。

困ったというようなことに、エラーが発生してしまったケース、処置としては、パソコンをまったく初期化するしかありません。

これは、ハードディスクを実際に出荷時の何もない状態に戻すようなことですから、当たり前ですが、それまでのデータは消失してしまいます。

普通、オペレーションシステムをアップグレードするケースは、事前にデータのバックアップは、当たり前する感じのことが基本です。

この作業は面倒であっても、データをすべて失うというようなことに比べたら軽い作業でしょう。

そして、タッチパネルのファンクションがあるパソコンでは、ウィンドウズセブンを入れてもタッチで動かないという不具合も報告されています。

SONYでは、タッチパネルが使える感じのパソコンとして「VAIO・L」シリーズを実際に販売しています。

一部の感じの機種において、Windowsタッチという新しいファンクションが使えなくなるというような不具合が起こっています。

このタッチファンクションが使えないという減少に関しては、頻繁に起こる問題ではなく、パソコンが、いくらかの時間使用されていなかったケース、スリープ状態に入りますが、これから実際に復帰した際に、時折、発生する不具合だそうです。

では、メーカーであるSONYでは、この不具合に対してどんな対処をしているのでしょうか。

SONYは、サイトにおいて、ドライバーソフトがきちんと公開されていて、これは、不具合を修正したもんです。

これを使用すれば活用者は不具合を直せるというようなことになります。

タッチファンクションは、銀行のキャッシュコーナーや居酒屋に関しての注文画面など、いろいろなシーンで使われています。

ゲームもタッチペンで、実際、動くのがあります。

指で画面を、触るだけで、決定や、スクロールができるタッチファンクションに加えて、Windowsタッチファンクションはズームもできます。

便利なこのファンクションはビジネスでも大いに使用されていますから、商談で使う予定があるような人は、修正されたドライバーを入れ直すことが必須です。

ハードウェアによって、不具合が起こると報告があるウィンドウズセブンですが、そうでないケースもあります。

一例として、32ビットのウィンドウズセブンでは、強制終了をすると次にブートしなくなるという不具合があります。

強制終了とは、普通、フリーズなどの対処仕方で、電源ボタンを数秒間押して、実際に強制的にパソコンの電源を落とすようなことです。

この後、オペレーションシステムがブートしなくなる不具合がまれにあるそうです。

Microsoft社として、修正モジュールを準備し、この不具合に対処しているそうです。


ウィンドウズセブンのさまざまな不具合、不具合はリリース元であるMicrosoft社のウェブサイトでも公開されています。

サポートオンラインで見る感じのことができますので、ウィンドウズセブンを導入予定の方は一度、ご覧になってみるとよいでしょう。

DTIブログって?